親に頼んでお金を借りる

親に頼んでお金を借りる

1.どのようなケースで親に借りるのか

 

親からお金を借りるとはどのようなケースが多いのでしょうか。
一般的に一番多いのが、急なお金が必要になった場合に消費者金融に駆け込む前に親や兄弟に相談するというケースです。
これは単純にお金の無心をする場合が大半で、借りるというよりはスネをかじりにきたというべきですが、最も多いのも事実です。

 

次に多いのが住宅ローンを組む際に、援助を受けるというものです。
前者同様に援助という形で贈与的な扱いで借りる=貰うという場合も多いようですが、中には貸借関係を結ぶこともあるのです。

 

このように小額から高額まであらゆるケースで親や親類から借りるケースはあります。
なぜならば金利などを考慮した場合、格段に都合が良いからなのです。
そこには甘えがあるといっても過言ではないでしょう。

 

2.身内でもしっかり返済するべし

 

親から借りる場合でも、しっかりと返済するべきであると考えます。
なぜならば、いくら血が繋がっているといってもやはり金銭は人を変えてしまいます。
ですから、良好な人間関係を築くためには貸借をはっきりとすることが大切なのです。
返済について曖昧なままにして、返済せずにいると予期せぬ問題が発生することもありますので、注意が必要です。
身内といえどもお金に関しては他人であるという心構えが必要でしょう。
親も子供のことになると、ついつい甘くなり「これぐらいなら貸してもいいか」と考えてしまいがちです。

 

一度貸してしまうと、それを際限なく繰り返すことがあることも理解しましょう。
そういう意味でも返済を守る、返済を要求するということが大切なのです。
どうしても甘えが出ることがありますので、消費者金融などから借入するほうが割り切った関係という意味で良いかもしれません。

 

3.親からの借入は甘えか?プライドが許さない?

 

親からお金を借りるなど自分のプライドが許さない!
甘い感覚で親から借りるなんて、想像もできない!という方もいるでしょう。
それはそれで間違いではありませんし、立派なことだと思います。
当然ながら借入せずに済むのであれば、それが一番よいと言えます。

 

また、人によっては親から借りるという選択肢が最初から無い人も多いのではないでしょうか。
そのような人は、国、銀行、消費者金融などの機関から借入することになります。

 

お金を借りるとは、契約を結ぶことと同一ですから身内から借入する場合でも、しっかりと貸借契約を交わすのが正しいやり方です。
そのため、貸借を結べないという方には親類からの借入はオススメできません。

 

ただし、しっかりと契約を結べるという方には相手が親であろうとも関係がありません。
プライドが許さないという考え方が出来るのであれば、親を選択肢にしたとしても割り切れるのではないかと思います。
親という一番の理解者がいるというだけでも、心の財産になると考えてみてはいかがでしょう。

親にバレたくない学生のキャッシング方法!

oya


学生だからこそお金のやり繰りが大変な時がありますよね!そんな時でも親バレせずにキャッシングできる方法があります!親バレしない借入方法を3つのポイントで簡単にご紹介します!

バレずに借りたい!arrow親バレしないキャッシング方法!